ヨンデミーの体験談!オンライン読書教育の感想や評判、料金についてお知らせ!

子どもの学び

子ども向けのオンライン読書教育サービス「ヨンデミー」ご存知ですか?

私も2021年に入って初めて耳にしたサービスです。

きっかけはツイッターで、フォローしている方が体験しているというツイートを発見。

「オンライン読書教育?今はそんなものがあるのね」くらいの軽~い気持ちで、サイトへアクセスしたのがはじまりでした。

その後、ヨンデミーオンライン公式サイトをじっくり見てみたところ「これは面白いかもしれない!」とムクムク興味が湧いてきました。(理由は後述しますね^^)

小学1年生の息子に話したところ「やってみたい!」と即答だったため、体験してみることにしました。

こちらの記事では

  • ヨンデミーオンラインの体験を決めた理由
  • ヨンデミーオンラインはどんな風に取り組むの?
  • ヨンデミーオンラインを体験してみた感想は?
  • ヨンデミーオンライン読書室イベント参加レポート
  • ヨンデミーオンラインの料金は?
  • ヨンデミーオンライン、みんなの感想や評判は?

ということについて書いていきます。

「ヨンデミーオンラインが気になっている!」という方、ひと足お先に体験している様子をぜひ覗き見してみてくださいね!

●2021年8月追記●

2021年1月~3月までヨンデミーオンラインに取り組んでみて感じたこと、おすすめポイント、効果についてはこちらの記事にまとめました。合わせてぜひご覧くださいね^^

ヨンデミーの効果は?小1男子が3ヶ月受講した結果と感想!
子ども向けのオンライン読書教育サービス「ヨンデミーオンライン」 我が家の長男、小2男子(受講時は小1)が2021年1月~3月まで3ヶ月間、どのように取り組んだのか、どんな本が紹介されるのか、受講して感じた率直な感想や効果についてお知ら...
スポンサーリンク

ヨンデミーオンラインの体験を決めた理由

小学1年生の息子は、読書は比較的好きな方かな?と普段見ていて感じています。

学校では週に1回、国語の授業の一環で図書室へ行くようですがその時間を心待ちにしています。

入学後の昨年6月頃から「かいけつゾロリ」シリーズに夢中になって、全部で68冊あるうちの63冊を既に読み終えているくらいです。

市の図書館へも時折出掛けますが、借りてくるのはゾロリシリーズ、もしくは乗り物・宇宙が好きなのでその関係の図鑑など。

親としては

  • 好きな本を夢中になって読む時間を大切にして欲しい
  • 同時に、幅広く色々な本に触れて欲しい
  • そのためにどんなアプローチが出来るかな?

なんて考えていました。

大好きなゾロリシリーズもそろそろ読み終えるし、

次にどんな本を読むのが良いのかな…?

そんな時に出会ったのがこのヨンデミーオンラインでした。

ヨンデミーオンラインの

  • AI司書が子どもにピッタリな本をおススメしてくれる

 → これまで知らなかった本や作家さんに出会えるかな?

  • クイズ形式のレッスンを展開している

 → 子どもがワクワクしながら取り組めそうな内容かな?

  • 「読書の楽しさを追求していく」という姿勢

 → どんなアプローチでその楽しさを追求しているのか気になる!

という理由から、まずは体験してみよう!ということになりました^^

スポンサーリンク

ヨンデミーオンラインはどんな風に取り組むの?

ヨンデミーオンラインでは、登録すると次のような流れでレッスンが行われます。

  1. 保護者向けアンケートに回答
  2. 保護者用チュートリアル動画を視聴(約10分)
  3. 子ども用チュートリアル動画を視聴(約7分)
  4. 初回保護者面談を受ける(Zoomを用いてオンラインにて。約15分)
  5. ヨンデミーオンラインWEBアプリにログイン(PC・スマホ・タブレットなどから利用可)
  6. 子ども向けのアンケートに回答
  7. おススメの本を5冊、紹介される
  8. 本を図書館で借りる、もしくは、購入して手元に用意する
  9. 1冊読み終えるごとに感想を投稿する(途中経過をお知らせしてもOK)
  10. 5冊の内、3冊を読み終える(感想を提出する)と、新たにまた本を紹介される
  11. 2日に1回ほどのペースでトーク&クイズ形式のミニレッスンが届く
  12. 「〇冊読んだ」「〇日読んだ」「累計〇〇分読んだ」という節目のタイミングでバッジが貰える
  13. 8~12を繰り返す

本を読んで感想を投稿→感想が増えていくとその分、よりその子どもにピッタリな本をAI司書がセレクトしてくれるという仕組みのようです。

我が家では今の所ありませんが「この本、あまり好きではない…」「図書館に蔵書が無く借りられない」「長くて最後まで読むのが大変」などといった場合は、正直にその旨を伝えてOKです!

むしろヨンデミーでは、「読書とはこうあるべき!」「こうしなくてはいけない!」というルールや決めつけが一切なく、ミニレッスンなどでも「とにかく自由に本の世界を楽しもう」ということを一貫して伝えてくれるところに好感を持ちました。

スポンサーリンク

ヨンデミーオンライン体験・我が家の率直な感想!

ヨンデミーオンラインの主役はあくまで息子。

実際に日々ヨンデミーを通しての読書に取り組む息子の様子や感想をお知らせします。

結論から言うと「すごく楽しいし、ヨンデミーの時間が好き!」とのこと。

母親の立場からしても、

  • 毎日短時間でもいろいろな本に触れ
  • 楽しく本を読み進められて
  • 感想をたとえ一言でも言葉にしてアウトプットする場

というのは、習慣としてぜひ続けたいなと感じます。

今まで手に取ったことのない本と出会える!

2021年1月25日時点で、ヨンデミー先生におススメしてもらった本は全部で14冊。

全て、今まで読んだことのない本・作家さんのものでした。

これまでも色々な本に触れてきたように感じていますが、まだまだ知らない本が沢山あるなぁと。

親である自分以外の視点から、その子に合わせて本を勧めてもらえるサービスは新鮮です。

初めて読む作家さんの本ばかりですが、どの本も楽しく読み進めています。

ミニレッスンが面白い!

ミニレッスンはまさにLINEのような画面で、トーク形式で行われます。

これもまた子どもには嬉しい要素かなと思います。

「感想の書き方」・「読者がしても良いこと」・「物語の楽しみ方」など様々なシリーズがあって、短時間でサクッと終わります。

それでいて、大切なエッセンスをしっかり伝えてくれる内容になっています。

バッジが貰える→増えていくのが楽しい!

本を読んだ冊数、読んだ文字数、読書時間、連続読書日数などいくつかの側面から、節目の数字に達するとバッジが貰えて、少しずつ増えていきます。

これが息子にはとても楽しいようで、バッジが貰えると「やった!また増えた!」「次にバッジを貰うにはあと〇〇すればいいね!」と、読書を楽しく続ける原動力に繋がっています。

息子は「バッジがぜんぶ溜まるまで僕はやりたい!」と言っています。

読書の記録が作成されるのが嬉しい!

読書を重ねるとその分「読書のあしあと」というページにその記録が積み重なっていきます。

数字でこれまでの軌跡を見ることが出来るというのも子どもにとって新鮮かもしれませんね。

「僕、もう30000文字も読んだんだね!」とちょっぴり誇らしげに話していました。

スポンサーリンク

ヨンデミーオンライン 読書室イベントに参加!

ヨンデミーオンラインは、WEBアプリでのやり取り以外に、イベントの場も用意されています。

1月10日(日)に「ヨンデミー読書室」というオンラインイベントが開催されました。

ヨンデミーオンラインの体験受講を始めてすぐのタイミングだったので、「ヨンデミーの雰囲気に触れられる貴重な機会かな?」と思い、親子で参加してみました。

このイベントの参加は完全無料で、

ヨンデミー受講生でなくても参加OKなのが嬉しい!

講座はビデオ通話(Zoom)を利用して開催されます。

その時は次のような流れで行われました。

  • ヨンデミー先生の自己紹介
  • 読書についての簡単なクイズ(全部で3問)
  • 先生が子どものころにお気に入りだった本の紹介
  • 読書会→各自好きな本を読む。(約1時間)
  • 先生とお話したくなったらチャットでその旨をリクエスト(希望者のみ)
  • 先生側の準備が整うと一対一で話が出来るチャットルームに入る。本についての感想を話したり、先生からの問いかけに答えたりする。

全部で1時間半とやや長丁場ではありましたが、途中自由に本を読む時間も組み込まれているので気が付くとあっという間に過ぎていました。

終わってから息子に感想を聞くと「少し長かったけれど、楽しかった!クイズがおもしろかった!」と話していました。

息子にとっては「初対面の大人と会話をする練習の場」にもなるなぁと感じました!

なお、次回は1月31日(日)16:30~18:00に開催が予定されています。

ご案内がTwitterに載っていましたのでご参考までに!

我が家もまた参加を予定しているので、ご一緒にいかがですか^^

スポンサーリンク

ヨンデミーオンライン 1ヶ月無料体験キャンペーン情報

ヨンデミーオンラインが気になっている、迷っているなら今がチャンス!!

ヨンデミーオンラインでは現在「おうち時間で本をヨンデミー!キャンペーン」ということで、ヨンデミーオンラインを1ヶ月間無料で体験することが可能です!

なんと無料で1ヶ月もの間、体験ができます♪

体験してから継続するかどうかを決められるのは安心だし嬉しい!

我が家もまさに「新年だし良い機会かな」と思って体験を始めて、親子でとても楽しんでいます♪

2ヶ月目以降の継続についても前向きに検討中です。

ヨンデミーオンライン公式サイト・体験申込はこちら★

スポンサーリンク

ヨンデミーオンラインの料金は?

ヨンデミーオンライン、最初の1ヶ月は無料で体験が可能です。

2か月目以降の料金は、1ヶ月あたり2,980円です。

「最低でも〇ヶ月継続してください」という期間の縛りなどは無いので、無料の1ヶ月体験のみで終了してもOKです。

正直なところ、手元に教材となる本などが届くわけではなく、あくまでサービスを利用する料金となると、月々約3,000円というのは他の通信教育と比較してもやや割高かなぁ…

「1ヶ月約3,000円」を高いと捉えるか、それとも妥当と考えるか…は、一度体験してみてからの判断が良いかなと思います!

なお、きょうだいで受講する場合、2人目からは1,000円引きになるそうです!

きょうだい2人で受講すると、1ヶ月:2,980円+1,980円(割引適用)=4,960円になりますね。

読書習慣が身に着くまでの期間限定で数ヶ月間のみ活用するという形もアリかもしれません。

現在は設定されていないようですが、長期的に受講を検討する場合、半年もしくは1年単位での契約で受講料割引などの制度が導入されるのを期待したいところですね。

スポンサーリンク

ヨンデミーオンライン 評判や口コミは?

ヨンデミーオンラインについて、他の方はどう感じているのか?気になりますよね。

Twitterでの声を集めてみました。

まさに、「普段選ばない本をセレクトしてくれるのが新鮮」なんですよね!

バッジ欲しいがために一気に本を読むという所も、我が家と共通しているなと感じます^^

バッジを集める楽しさは、読書のモチベーション維持にすごく効果的だなと思います。

先生からのおススメがあると迷わずに本を選べるし(ある意味時短にも繋がる…!と密かに感じています)新鮮な本と沢山出会える喜びがありますよね。

子どもも親も、これまで手に取ったことのない作家さんの本と出会えたりするので、ヨンデミーでの体験は本当に宝探しのような時間だなと感じます^^

スポンサーリンク

ヨンデミーオンラインについて・まとめ

ここまで書いてきたことをまとめてみます。

  • ヨンデミーオンラインは1ヶ月間無料で体験可能!ぜひ活用することをおススメ!
  • ヨンデミーオンラインの料金は2ヶ月目から月2,980円。1ヶ月のみで継続しなくてもOK。
  • ヨンデミーオンラインでは「オンライン読書室」などのイベントも定期開催されている
  • 読書のきっかけを増やす&手に取る本の幅を広げるのにとても効果的!
  • バッジが増える喜び→本を読むモチベーションに繋がっている
  • 「本の感想をアウトプットする」経験の積み重ねが国語力の向上に繋がるかも…?

親としては沢山のそして幅広い読書を通じて、語彙を増やしたりゆくゆくは国語の成績向上を期待したいところではありますよね^^

まずは、親子で楽しみながら読書を習慣にして、読書から得られる沢山の体験や学びを子どもの成長に繋げたいと思います。

なお、ヨンデミーに3ヶ月間取り組んで感じたこと、効果についてこちらの記事をぜひご覧ください^^

ヨンデミーの効果は?小1男子が3ヶ月受講した結果と感想!
子ども向けのオンライン読書教育サービス「ヨンデミーオンライン」 我が家の長男、小2男子(受講時は小1)が2021年1月~3月まで3ヶ月間、どのように取り組んだのか、どんな本が紹介されるのか、受講して感じた率直な感想や効果についてお知ら...

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

コメント

  1. ヒルコ より:

    子育てお疲れ様です。こんなサービスあるんでるね。今はネットで何でも出来ちゃう時代なんで、便利だし面白いし、勉強になりますよね。昔の赤ペン先生みたいな感じで良いですね、赤ペン先生は高いから(笑)息子さんが興味を持ってくれたのが、一番の喜びですね。息子さん、1年生で読書と図書室が好きなんて、知的で羨ましいです!ヒルコも、高校や学習塾やフリースクールや家庭教師や保育教室の先生をしていたので、読書感想文や作文の、添削や指導していたのが、懐かしいです。良かったら、ヒルコのメアドにメール下さいね(*^▽^)/★*☆♪

    • riko-life より:

      ヒルコさま
      はじめまして。ブログを見て下さり、あたたかいコメントまでありがとうございます!
      本当に、今は色々なサービスや選択肢が豊富にあって驚きます。
      「オンライン読書教育」だなんて、自分が子どものころには想像もつかなかった世界です(笑)
      子どもの「やってみたい!」という気持ちを後押しできるような環境を整えたいなと感じています^^
      ヒルコさんも教育関係のお仕事をなさっていたとのこと、懐かしさを感じて頂けて何よりです!

タイトルとURLをコピーしました